ずくだより。

「ずく」とは長野県の方言でマメな事、手間をかけるという意味です。

だるまの意味と色の関係

お正月の縁起物、だるまさんはなんで赤い色してるんでしょ(o'ω'o)?

選挙の時も当選すれば目を入れますが
縁起のいいモノとしてるのはなんでなんでしょ(o'ω'o)?

気になって色々調べてみました ( ゚∀゚)ノ

☆だるまの由来
室町時代に中国から伝わった禅宗は、インドで生まれた達磨大使が中国で開祖したとされています。

達磨大使は修行の為に9年壁に向かって座禅をした為に手足が腐ってしまったという事から手足のない形状で置物が作られるようになったのです。

修行で9年。。。
すごいです∑( ̄□ ̄;)ナント!!
手足が腐るなんて恐ろしい (((;゚д゚)))

☆だるまの意味
日本には古くから起き上がりこぼしという底に重りがついていて倒しても起き上がってくるという置物がありました。

それと達磨がいつしか融合し、倒しても何度でも起き上がってくるという事で
七転八起の意味もあるとして無病息災や家内安全、その他祈願するという意味の
縁起物となっただるまが出来上がったのです。

☆だるまが赤いわけ

火や血の色である赤は古来から魔除けの効果があると信じられ、さまざまな病や災いは赤色を持って防げると考えられてきたのです。

実際に神社や鳥居というのは朱色に塗られてますよね。



江戸時代には天然痘に感染しないように
魔除けの意味を込めてだるまを使用していたくらいなのです。

日本でだるまというのは全国各地で作られています。

その中でも80%の生産をしているのが、群馬県の高崎市で生産される上州だるま(高崎だるま)です。

だるまと言ってぱっと
思い浮かべるだるまがそうです。
私の場合は駅弁のだるま弁当が浮かびますが (゚¬゚*)

だるまは通常目が入ってない状態で売られています。

祈願する時や年始に心を込めて祈り、右目を墨で書きます。

これを開眼(かいげん)と言います ( ゚∀゚)ノ

願いが叶った時や年末に、感謝の心を込めて左目を墨で書き入れます。
そして初詣に神社に持っていき、供養してもらいましょう (´∀`∩

関連記事
スポンサーサイト
【 2015/01/07 】 ○日々のこと | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
人気の動画
「菊練り」

その他の動画はコチラから☆
通販サイト
以下のサイトで
お買いものが楽しめます♪
他の方の作品もすてきなものばかり!
どうぞご覧ください。

アプリもあり使いやすさ抜群!
もれなく初回購入者に
Thankyouクーポンついてきます☆
logo-creema1.jpg

工房やメーカー直販が多く
本物志向さんにオススメです☆
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

女性に人気☆
カワイイがいっぱい! ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

イベントカレンダー
教室の空き状況も確認できます
日付クリックで詳細が開きます
■手ずくな陶器講座
■あっとほーむ
■手ずくなworkshop

空席状況
◎:余裕あり
○:残席あり
△:残席わずか
×:満席/受付終了
※空席状況は随時変わりますのでご了承ください。
検索フォーム
講座情報をリクエスト
次回の詳細が決まり次第、教室の日程を優先的にお知らせします。【講座情報をリクエスト】と入力し、送信ください。

名前:
メール:
件名:
本文: