ずくだより。

「ずく」とは長野県の方言でマメな事、手間をかけるという意味です。

見極めと管理が難しい乾燥工程

陶芸作品を作るうえでは、乾燥という工程がとても重要です (`・ω・´)



自宅で陶芸作品を作ったことがあるという方なら経験があるかもしれませんが、形にした作品をしっかり乾燥させなければ、陶芸窯で焼いた際にひび割れを起こしてしまいます (;´・ω・)

なぜなら、粘土のなかには水分が含まれており、熱を加えることで粘土の中の水分が蒸発して外に逃げ出そうとするためです (´・ω・`)

陶芸作品の水分をなくすためにはさまざまな方法がありますが、最も良い方法とされているのが自然乾燥です ( ゚∀゚)ノ
一般的には、太陽の光がよく当たる場所に保管して乾燥させていきます。



ただし、作品の形状やパーツの接着などして繊細なものは出来上がってすぐに太陽光に当てない方がいいでしょう。
作品によって乾燥管理をきちんとしなければ、作品が反ってしまったりひびか入ったりしてしまいます。
湿気を含んだ布を陶芸作品にかぶせたり、ふんわり袋をかぶせるなどしてゆっくり乾燥させます d(´∀`*)

また、寒さが厳しいときは作品が凍って割れてしまうことがあるため、凍らせないように十分注意しましょう。
ちなみに、水分は作品の上部や先端からゆっくり蒸発していきます。
乾燥速度をなるべく均等にすると綺麗に仕上がります (*´∪`)

作品に触れていただければお分かりいただけるかと思いますが、上部の方は乾いていても、底に近くなるほど湿っている場合が多々ありますので、全体の水分がなくなっているかしっかり確認しましょう (´∀`∩
関連記事
スポンサーサイト
【 2015/08/13 】  ┝陶芸技法 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
人気の動画
「菊練り」

その他の動画はコチラから☆
通販サイト
以下のサイトで
お買いものが楽しめます♪
他の方の作品もすてきなものばかり!
どうぞご覧ください。

アプリもあり使いやすさ抜群!
もれなく初回購入者に
Thankyouクーポンついてきます☆
logo-creema1.jpg

工房やメーカー直販が多く
本物志向さんにオススメです☆
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

女性に人気☆
カワイイがいっぱい! ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

イベントカレンダー
教室の空き状況も確認できます
日付クリックで詳細が開きます
■手ずくな陶器講座
■あっとほーむ
■手ずくなworkshop

空席状況
◎:余裕あり
○:残席あり
△:残席わずか
×:満席/受付終了
※空席状況は随時変わりますのでご了承ください。
検索フォーム
講座情報をリクエスト
次回の詳細が決まり次第、教室の日程を優先的にお知らせします。【講座情報をリクエスト】と入力し、送信ください。

名前:
メール:
件名:
本文: