ずくだより。

「ずく」とは長野県の方言でマメな事、手間をかけるという意味です。

第二回手ずくな陶器(後編)終了しました!

昨日は公民館での手ずくな陶器講座最終日でした!
とても暑い一日でしたよねヽ(´`;)ノ
タイトル負けしない内容になったのではないかと思います。

後編にあたる昨日は、前回作成した盆栽鉢に
植物を植え、苔を張る作業を行いました ( ゚∀゚)ノ

手ずくな陶器

P1050333.jpg

とても心あたたまるコメントを頂いたので
アンケートの中からいくつかご紹介したいと思います(≧▽≦)☆

「アットホームな感じがとても真田の集落と重なって良かったです。」

「材料が簡単にあつかえて、思っていたより手軽に出来上がり良かった。説明もよく、手伝ってもらえたのも心強かった。」

「時間的にも無理がなく、とても楽しい充実した教室に大満足です。」

「初めてコケ盆栽を作ってみましたが、とてもステキなできあがりで楽しかったです。器も『オンリーワンの味』という事で!!大切に育てたいと思います。」

「陶芸は難しいという思いがあったので、こんなに上手(?)にできるとは…とてもうれしいです。次回またお教室があったら参加したいと思います。ありがとうございました。」

「自分だけの作品ができてよかった。初めてのことで準備するものも全部用意して下さってあったのでよかった。模様(上に土をつける)をもう少し考えてできたら良かった。ありがとうございました。セットでお皿を作ってみたい。こけ玉も作ってみたい。」

みなさんずいぶん謙遜されていましたが、
とっても個性あふれる、世界にひとつだけの素敵な作品に仕上がっていました!

20150713033344862.jpg

陶芸も盆栽も追求していくと本当に奥が深く、難しいものには違いないと思います。
でも言い換えれば、それは突き詰めていくがゆえで、
大事なポイントさえ外さなければ、誰でも気軽に始められるものだと思います。

そんな初めて体験も楽しく、続けていきたい趣味のひとつになるようなお手伝いが少しでもできてたらいいなぁと思いました。

今回書ききれなかったことなど
お教室の様子や、作品の写真を交えて
また改めて少しずつ載せていきたいと思います (´∀`∩

おたのしみに~☆

⇒ 第二回手ずくな陶器(前編)の記事を読む
⇒ 作業風景と作品その1の写真を見る
⇒ 作業風景と作品その2の写真を見る
⇒ 手ずくな陶器って?(お教室のご案内)の記事を読む


関連記事
スポンサーサイト
【 2015/07/13 】  ┝生徒さんの声 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
人気の動画
「菊練り」

その他の動画はコチラから☆
通販サイト
以下のサイトで
お買いものが楽しめます♪
他の方の作品もすてきなものばかり!
どうぞご覧ください。

アプリもあり使いやすさ抜群!
もれなく初回購入者に
Thankyouクーポンついてきます☆
logo-creema1.jpg

工房やメーカー直販が多く
本物志向さんにオススメです☆
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

女性に人気☆
カワイイがいっぱい! ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

イベントカレンダー
教室の空き状況も確認できます
日付クリックで詳細が開きます
■手ずくな陶器講座
■あっとほーむ
■手ずくなworkshop

空席状況
◎:余裕あり
○:残席あり
△:残席わずか
×:満席/受付終了
※空席状況は随時変わりますのでご了承ください。
検索フォーム
講座情報をリクエスト
次回の詳細が決まり次第、教室の日程を優先的にお知らせします。【講座情報をリクエスト】と入力し、送信ください。

名前:
メール:
件名:
本文: